« このブログについて | トップページ

2015年6月13日 (土)

「旧陸軍工場の校舎、保存を」名城大OBら要望 (名城大学農学部付属農場本館をミュージアムへ)

「旧陸軍工場の校舎、保存を」名城大OBら要望

201501191

名古屋陸軍造兵廠鷹来製造所本館だった名城大学農学部付属農場本館。玄関上の外壁に陸軍の「星章」の跡が残る(愛知県春日井市で)=大井雅之撮影

   
 戦時中、銃弾などが製造された名古屋陸軍造兵廠しょう鷹来たかき製造所の本館だった名城大学農学部付属農場本館(愛知県春日井市鷹来町)について、卒業生や地元住民、教授らが昨年10月、平和・産業ミュージアムとして保存するよう求める要望書を大学に提出した。

 終戦から70年を経て、各地の戦争遺跡・旧日本軍施設は消滅の危機に直面する。卒業生らは「戦争の記憶と平和の尊さを伝える拠点として残してほしい」と訴えている。

 農場本館は鉄筋コンクリート製の地上2階地下1階。戦時中は製造所全体の「司令塔」の役割を果たし、玄関上部に時計台があり、壁に旧陸軍の「星章」の跡が残る。屋上は空襲からカムフラージュするため緑化され、絶滅危惧種「イシモチソウ」などが一面に生える。高射機関砲が置かれた土盛りなどもあり、戦争の痕跡を色濃く残す。

 戦後は、名城大学が農学部を開設した1950年、本館を含む製造所の敷地の一部に付属農場が置かれた。今も農場実習や講義のために使用されている。

 同大学施設部によると、付属農場では新たな本館を現本館のそばに建設する方針で、2016年3月の完成を目指す。現本館は既に耐震補強を施され、当面は併用されるが、加鳥裕明副学長は「どのように保存していくかは未定」と話す。

 これに対し、卒業生らは「名城大学付属農場の歴史的遺構保存を呼びかける会」を結成。本館保存と、模擬原爆が同製造所に落とされたことを伝える碑の建立を求めている。呼びかけ人の渋井康弘経済学部教授は「70年の時を超え、戦中の動員学徒と今の学生がこの場所でつながっている」と話し、「軍需工場の技術が戦後、愛知の『ものづくり』を支えた歴史を伝える場所でもある」とする。

 大学で旧日本軍施設が戦争を伝える施設として保存された例は、生物・化学兵器などが開発された陸軍登戸研究所(現・明治大学平和教育登戸研究所資料館、川崎市)がある。愛知県豊川市は、機銃などを製造した海軍豊川工廠の一部で、今は名古屋大学の研究所分室になっている約18ヘクタールのうち約3ヘクタールを購入し、火薬庫など2棟を含む平和公園(仮称)を整備する方針で、18年度開園を目指す。

 市民団体「春日井の戦争を記録する会」の金子力つとむさん(64)は「農場本館は極めて貴重な施設。説明をつけて残せば大学や地域の財産になる」と語り、ミュージアムが実現すれば、住民から譲り受けた模擬原爆の破片を展示したいと願う。

 遺跡全国3万件 継承に障壁

201501192
 市民団体「戦争遺跡保存全国ネットワーク」(長野市)によると、戦争遺跡は全国に約3万件が残る。しかし、再開発などで消えていく施設も多く、所有権の所在が不明なものや、保存の技術・費用など、継承には様々な障壁がある。

 東海3県には都市の工場を郊外の地下壕ごうに移した地下軍需工場跡が残るが、多くは荒廃したまま。岐阜県瑞浪市の化石博物館は、地下軍需工場跡を化石の見学などで活用しているが、戦争を学ぶ目的ではほとんど使われていない。

 三重県鈴鹿市の旧鈴鹿海軍航空基地格納庫は、地元住民らが2009年から保存を求め、全国から1万3000に上る解体反対の署名を集めた。しかし、市や所有者の企業などが再開発計画を進め、格納庫3棟は11年3月に解体された。

 大砲の性能試験が行われた愛知県田原市の陸軍伊良湖試験場跡は6階建ての観測塔などが残るが、地域の団体や個人が所有。劣化が進み、地元では観測塔の市への無償譲渡を模索する。地元自治会の森下田嘉治会長(63)は「保存するにも費用がかかり、地元だけで残すのは困難だ」と語る。

 終戦前日に模擬原爆

 名古屋陸軍造兵廠鷹来製造所 1941年開設。市民団体によると、終戦時は4151人が働き、うち960人以上が動員学徒。銃弾などのほか、ジェット気流に乗せて米本土を直接攻撃する風船爆弾も製造された。終戦前日の45年8月14日、米軍が原爆投下訓練用に開発した模擬原爆(1万ポンド=約4.5トン=高性能爆弾、長崎原爆とほぼ同形)が落とされ、直撃された工場が全壊するなどした。

 読売新聞 教育面 2015年1月20日
 
 http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20150119-OYT8T50198.html
 (リンクは無効になっている場合があります)

« このブログについて | トップページ

戦争遺跡ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ