« 東京新聞川崎版 2009年12月7日  『実物を見て考えたい』 高校生が研究発表 川崎市平和館「戦争展」 | トップページ | 東京新聞千葉版 2010年1月10日 赤れんが 保存へ 旧県血清研究所 来月6日、市川でシンポジウム »

2010年1月 6日 (水)

毎日新聞愛知版 2010年1月4日 名古屋空襲:65年で作品募集--戦争と平和の資料館ピースあいち /愛知

名古屋空襲:65年で作品募集--戦争と平和の資料館ピースあいち /愛知

 ◇絵画、紙芝居/体験記/詩、書、戯曲など

 名古屋市名東区よもぎ台の「戦争と平和の資料館ピースあいち」は、1945年の「名古屋空襲」から65年を迎えることから、名古屋空襲を伝える作品を募集している。同館は開館3周年記念の企画として、名古屋空襲をテーマにした展示会や追悼集会などを行う予定で、募集した作品は3月23日~4月24日に展示する。

 募集するのは、▽絵画や紙芝居(縦横約90センチまで、画材は問わない)▽体験記(400字詰め原稿用紙4枚以内)▽詩、俳句、短歌、書、歌、戯曲など--の3種類。いずれも名古屋空襲に関連することが条件。

 作品展の来館者アンケートなどを参考にして、3種類の作品の中から優秀作品をそれぞれ一つずつ選び、5月に開く開館3周年イベントで発表する。応募者全員に記念品を贈呈する。

 ピースあいちの野間美喜子館長は「名古屋空襲を後世に伝えるものは少なく、知らない人も増えてきた。作品の上手下手は問わないので、ぜひ応募を」と呼びかけている。

 応募は2月末まで。1人何点でも応募可。問い合わせはピースあいち(電話052・602・4222)【稲垣衆史】

 毎日新聞愛知版 2010年1月4日
 http://mainichi.jp/area/aichi/news/20100104ddlk23040068000c.html
 (リンクは無効になっている場合があります)

« 東京新聞川崎版 2009年12月7日  『実物を見て考えたい』 高校生が研究発表 川崎市平和館「戦争展」 | トップページ | 東京新聞千葉版 2010年1月10日 赤れんが 保存へ 旧県血清研究所 来月6日、市川でシンポジウム »

戦争遺跡ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京新聞川崎版 2009年12月7日  『実物を見て考えたい』 高校生が研究発表 川崎市平和館「戦争展」 | トップページ | 東京新聞千葉版 2010年1月10日 赤れんが 保存へ 旧県血清研究所 来月6日、市川でシンポジウム »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ