« JanJan 2009年9月29日 都城市の旧陸軍第64連隊本部、将校集会所を文化財に | トップページ | 毎日新聞東京夕刊芸能面 2009年10月1日 ビデオ・DVD:戦争遺跡 »

2009年10月 1日 (木)

共同通信配信 2009年9月30日 福岡の大刀洗飛行場跡地に記念館 旧陸軍の航空拠点

福岡の大刀洗飛行場跡地に記念館 旧陸軍の航空拠点

20090930【写真説明】大刀洗平和記念館の展示物を見る、旧陸軍特別幹部候補生の男性ら=9月17日、福岡県筑前町

 戦時中、旧陸軍の航空拠点として西日本最大の規模を誇り、米軍の空襲で多くの犠牲者が出た大刀洗飛行場の歴史を伝えようと、福岡県筑前町が飛行場跡地に建設した大刀洗平和記念館(同町高田)が、10月3日にオープンする。

 敷地面積は約8800平方メートルで、飛行機の格納庫をイメージした外観。1996年に博多湾から引き揚げられた97式戦闘機など約1800点を展示する。大刀洗で訓練を受けた元兵士らは「そういう時代があったことを知ってほしい。そして二度と戦争をしてはいけない」と訴えている。

 飛行場は19年に完成。航空部隊のほか、40年からは飛行学校が置かれ、パイロットを養成した。陸軍の特攻隊員のほぼ3分の2が卒業生といわれている。

 新潟市の駒井亮一さん(83)も飛行学校出身の一人。陸軍特別幹部候補生(特幹)に志願し、44年4月に17歳で入校。4カ月間、パイロットの基本教育を受けた。グライダーを使った訓練などが主で、休日や外出は一切なく、鉄拳制裁も当たり前。それでも「極限に近い体験は、戦後の生活で落ち込んだ時に心の支えになった」と振り返る。

 その後、熊本、岐阜の教育隊に転属。シンガポールに向かう途中の台湾沖で、艦船が魚雷攻撃を受け、漂着した台湾で終戦を迎えた。

 共同通信 2009年9月30日
 http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009093001000777.html 
 (リンクは無効になっている場合があります)

« JanJan 2009年9月29日 都城市の旧陸軍第64連隊本部、将校集会所を文化財に | トップページ | 毎日新聞東京夕刊芸能面 2009年10月1日 ビデオ・DVD:戦争遺跡 »

戦争遺跡ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JanJan 2009年9月29日 都城市の旧陸軍第64連隊本部、将校集会所を文化財に | トップページ | 毎日新聞東京夕刊芸能面 2009年10月1日 ビデオ・DVD:戦争遺跡 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ